初級 No.18567の問題

No.18567 東1局 7巡目 東家 ドラ

自分は鳴いていてこんな感じ




渡り打ちという打ち方があります。
「テンパイやシャンテン数を維持しつつ、高い手や広い待ちにスライドさせる(渡す)」という、三色や迷彩と並ぶ麻雀の超高等技術の一つです
三色を「牌理」とするなら、渡りとは「構想力」であると思います。
自分の手をどんな形に作り上げるのか構想するのは、麻雀のボードゲーム的楽しみの一つですね

牌を選択して回答

シェア
カテゴリー

この問題をブログなどに画像で張り付け 画像のダウンロード

この問題をテキストで貼り付け

新しく問題を作る

問題の作成はログイン後に可能です